株式会社S.O.W.ホールディングス
 

<沖縄タイムス>資金調達に選択肢提供 昨年9月、名護市の経済金融活性化特区の認定を受けたS.O.W.フィナンシャルイノベーション。 商業施設やホテル、物流倉庫など企業が保有する事業資産を証券化し、企業の資金調達を支援している。 同特区の制度拡充後、初の認定事業者だ。 同社のホールディングス会社の阿部亨代表は認定式で「事業資産の証券化で、企業インフラの整備を支え、沖縄の経済発展に貢献したい」と意気込みを語った。 同社は、金融業や不動産業、IT業、物流事業を手掛けるS.O.W.ホールディングス(東京)から金融部門を切り離して昨年4月に名護市に設立された。